2013年10月 ぐるみこのおすすめ生活


ご報告が遅くなりましたが・・・

台風の影響で風雨が強まっているところがありますが、
みなさんの地域は大丈夫ですか?
わが家のある市でも、夜中に洪水警報のメールがありました。
朝には警報が注意報になったので、ほっとしているところです。


さて、最近締め切りの迫っているモニター記事のみ掲載しておりましたが・・・。


3年3か月の間、闘病生活を続けていた母が
22日0時25分に逝去いたしました。

20日の日曜日は妹が病院に行っていたのですが、
脈が取れなくなっているので呼ぶ家族が居たら呼ぶようにと
看護師さんから告げられたと夕方電話があり、
主人と急いで駆け付けました。

その時は、少し会話ができて冗談も言えました。
わたしはずっと言う事ができなかった
「今までありがとう」
という言葉をやっと母に言う事ができました。
母は
「楽しかったよ。」
と言ってくれました。
そのあと母が
「握手」
と言って、わたしと妹、主人それぞれと握手をしてくれました。
あまりに力強く握ってくれたので
「これだけ強く握れれば、まだまだ大丈夫だね」
と、母に話しました。
今考えると、最後の力を振り絞って握ってくれたんだと思います。

そのあと、妹の娘2人が駆け付けましたが
そのときは来たことがわかったくらいでした。
看護師さんが脈を取ってみたところ、確認できるようになったので
主人は会社もあるということで一旦家に帰り
わたしと妹、妹の娘2人が病院に泊まりました。

21日の月曜日は、母が毎日楽しみにしていた
NHKの朝ドラの再放送を昼に見せてあげましたが、
そのときも少し反応がありました。
夕方には主人が会社を早退して病院に来てくれましたが、
来てくれたのがわかりました。

脈も弱いながらも確認できていたということで、
主人は帰宅し、妹の娘2人も翌日中間試験があるということで
夕方一旦帰りました。

夜中、久しぶりに妹と話をしていて0時の日付も変わったということで、
先に横になると簡易ベッドに横になったところ、すぐに妹が
「お姉ちゃん、息が弱くなっている!」
と。
ナースコールを押しながら、必死に呼びかけましたが・・・。
わたしたちの会話を聞いていてくれていたのと
会話が終わるのを待ってくれたんだと思います。

母がずっと望んでいたように
苦しまずに痛いところもあまりなく、眠るように逝ってしまいました。
苦しんだり痛がったりすることが
本人はもちろん、わたしたちもとても怖かったのですが
それを感じることがなくて本当に良かったです。
妹と2人で最期を看取ってあげる事ができて良かったです。

9月24日に入院してから、
ここ数週間のまるで急な坂道を転げ落ちるような急展開に
とても戸惑っています。
8月に治験で1か月入院したときには元気で家に帰ってきたので、
まさか、こんなことになるとは・・・。

入院したときに、週単位で考えたほうが良いと主治医に言われていました。
母の兄弟や親友の方に急いで連絡をしました。
母が察してしまうかもと悩みましたが、
母にはもし急変したら話ができなくなるから
とりあえず元気なうちに会ってもらおうと話しました。
みなさんに元気な姿を見せる事ができて良かったです。

3年3か月前、毎年受けていた健康診断で病気が見つかって
そのときにはすでに手遅れで、2年で50%、3年で10%という生存率を
母と2人で聞かされていました。
あのときのショックは今でも覚えています。
だから3年経ったときに、
「10%に入ったよ。すごい!すごい!」
って。
いろいろな薬を試して、最後は治験も受けてみました。
治験を受けるときに、主治医の先生も
「本当に今までよく頑張ってこられましたね。」
と驚かれていました。
だから、母の生命力だったら、
もしかしたら年末まで持ってくれるのではないかと
期待していたのですが・・・。

母はわたしたちに迷惑をかけないようにと
精神的にも肉体的にも辛かったのに
あまり表に出さないでいてくれました。
だから、わたしもつい病気であることを忘れてしまって
普通に接してしまいました。
時にはキツいことを言ったこともありました。
もう少し、痛みや辛さをわかってあげられたらと思いました。
後悔先に立たず・・・です。
思い出しては泣いている毎日なので、目が腫れぼったくなっています。

葬儀場やお寺の都合で、お通夜が28日、告別式が29日に執り行われます。
亡くなってから日にちがあるのは、わたしたちが看病で疲れているだろうからと
母が休みをくれたのだと思います。
それと台風が過ぎたあとになるようにしたのも
母が天気のことで気を揉まなくても良いようにしてくれたのだと。

わたしは喪主なので、
母の考えていたように送ってあげられるようにしたいです。

葬儀が終わっても、これからやらなければならない事務的なことが
あるみたいなので、少しずつやって行こうと思います。

ブログも葬儀が終わって落ち着いたら、また再開しようと思います。
そのときはまたよろしくお願いします。


関連記事
        sponsored link
母の治療日記 | 【2013-10-26(Sat) 11:34:57】 | Trackback:(0) | Comments:(4) | [編集]

ダーマエナジー エッセンス パーフェクションM を使ってみました~。

第一三共ヘルスケア さんの
ダーマエナジー エッセンス パーフェクションM
を使ってみました~。

肌を健やかに保つのにはビタミンが欠かせないのですが、
自分の体で作りだすことができないので、
外から与え続ける必要があるそうなんです。

ところで、1910年に世界で初めてビタミンを発見し、製品化したのが
第一三共さんだって知っていましたか?
110年以上ものビタミンの研究が、
このダーマエナジーの基礎になっているそうです。

今回使わせていただいたダーマエナジーは、
ビタミンA、B、C、D、Eの5種の高濃度のビタミンを
特許申請中の技術「ビタミンカクテルボ-ル」により、
活きたまま角質層の奥まで届けてくれるそうです。


ポンプタイプなので、とっても使いやすいです。


化粧水のあと、これ1本でOKだそうです。
美容液と乳液の効果があるそうです。
適量は約2プッシュです。
伸びがとても良くてみずみずしいです。
軽いつけ心地です。
ほうれい線にヤッホーのポーズをするように手を当てて、
そのままこめかみに向かって斜めに引き上げたりすると良いそうです。


使い続けていくうちに、
だんだん肌にハリが出てきたように感じます。
毛穴が目立たなくなってきたみたいです。
メイクのノリも良くなってきましたよ。
化粧水の後これ1本でOKなのでお手入れ簡単だし、
朝晩しっかり使って効果を実感したいで~す♪


i-VoCEタイアップサイトはこちら
i-VoCEビューティニュースはこちら

第一三共ヘルスケアのモニターに参加中



関連記事
        sponsored link
美容 | 【2013-10-23(Wed) 12:07:20】 | Trackback:(0) | Comments:(1) | [編集]

Copyright © ぐるみこのおすすめ生活 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*